2012年11月05日

秋葉を見つけに足守近水公園に

11月4日
足守近水公園へ
足守は豊臣秀吉の側室、ねねの実兄の木下家2万5千石の
陣屋町です。
格子戸風の建物も残る足守、私はこの町並みが大好きです。
側に足守藩侍屋敷もあります。
近水園(おみずえん)は
旧足守藩主木下家の庭園で小堀遠州流の
江戸初期の庭園として有名です。
樹齢100年の紅葉の木もあり、春は桜、牡丹、秋は紅葉と
四季折々の景色が楽しめる場所です。

園内の建物で吟風閣(ぎんぷうかく)があります。

6代藩主家定が京都の仙洞御所中宮後所を造営したさいの
残材で建築された風雅な建物です。

数奇屋造りで2階の天井は船底天井、
1階ははさし天井と凝っています。

部屋の雨戸は開け閉めのとき、部屋の角の柱に沿って
直角に敷居を滑らして戸袋に収めるような
からくりになっています。

足守側から水を取入れ、池を設け、鶴・亀島を浮かべた池。
吟風閣から眺める風景も格別です。

009.jpg      012.jpg

013.jpg      018.jpg

園内には明治・大正と活躍した歌人、木下利玄の碑、
復元された生家もあります。

001.jpg      007.jpg

木下利玄の碑に書かれている歌

  花びらを ひろけつかれし おとろへに 
   
        ぼたんおもたく 萼をはなる
タグ:紅葉 足守
posted by 向日葵ひま at 23:07| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

円山応挙と大乗寺

円山応挙と大乗寺
高野山真言宗 大乗寺(だいじょうじ)

兵庫県香住町にあるこの寺は応挙寺とも言われています。

どんな関係からと疑問でした。

京都で貧しい円山応挙が修行中、当時の住職が彼の才能を見込み、
学資をだしてあげたことが円で、客殿の建設の時ご恩返しとして、
一門の弟子とともに大乗寺の障壁画を書いたとのことです

応挙とその弟子12名の筆になる障壁画165面があります。
これらは全て国の重要文化財に指定されています。

仏間の十一面観世音菩薩(国の重要文化財)を中心に十三の部屋を荘厳し、
部屋という空間に仏の世界を立体的に具現化しているとか。

どの部屋もそうそうたる絵ばかりです。

028.jpg      031.jpg034.jpg





posted by 向日葵ひま at 20:03| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

丹波篠山城と篠山玉ゆり・あじさい園

7月8日
久々の遠出です。
丹波篠山にゆり園があると聞き出かけました。

丹波篠山城
001.jpg      004.jpg
        
                         石垣と大書院                      
徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利し、豊臣の居城である、
大阪城の包囲と、豊臣ゆかりの西日本の諸大名を抑える目的で
突貫工事により、1年余りの月日で築かれたお城です。

初大名に家康の子、松平康重がなり、
松平三家8代と青山6代が治めました。

014.jpg      017.jpg

二の丸御殿庭園の井戸         

明治維新大書院だけ残し
ほとんどの建物が取り壊されたそうです。
この大書院も昭和19年火災で焼失、
平成12年復元再建されたものです。
お堀と石垣が当時の原形をのこしています。

024.jpg      025.jpg

                          枡形
枡形
大手門と鉄門の間にある敵軍の動きを妨げるための方形の広場

城下町としての風情を残した篠山、
昭和のレトロを感じさせる町並みです。

ゆり公園はもう終わりに近く早咲きは枯れていました。
遅咲きののゆりとあじさいが満開。

039.jpg      032.jpg




posted by 向日葵ひま at 16:12| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

法然上人誕生の地 誕生寺

あちこちの田植えもそろそろ終了。

棚田を見に出かけました。

岡山県には棚田百選のうちの棚田が4か所あります。
その1つ、大垪和西の棚田はすり鉢状の棚田で高台を車で一周、
360度の景色が望めます。
田は緑一面と思いきや??
所々植えられてない田んぼがあります。
高齢化や色々の事情で植えられなくなったのでしょう??

途中、誕生寺へ寄りました。

006.jpg     010.jpg

山門(国指定重要文化財)     御影堂

誕生寺は浄土宗他力念仏の祖、法然上人の生誕の地です。
境内には御影堂、誕生椋、片目川、産湯の井戸、逆木の公孫樹、石仏大師などがあります。
大方丈の大広間には雪舟、法橋義信一代の傑作の襖絵があり、
方丈より見るお庭もみごとです。

018.jpg    020.jpg

産湯の井戸            母上のお墓

013.jpg    012.jpg

旅たちの法然様           母の祈り

026.jpg

逆木の公孫樹の木
銀杏の大木が逆さまに伸びたという
法然上人15歳の旅たちの時、菩提寺から杖にされた銀杏を地に挿された所、
根が逆に伸び、枝は本来、根っこであるといわれる。











posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

メルヘンの里新庄 凱旋桜

メルヘンの里新庄・・・ 凱旋桜
娘家族とでかけました。

一度訪れてみたかった所です。

凱旋桜祭りが開催され、焼き、焼きそば、フライドポテト、

ソフトクリーム屋台が立ち並び多くの観光客でいっぱいでした

この時期、のどかな田舎も、1年に一度沢山の観光客で大変です。

駐車場に入るのに1時間以上待ちました。

gaisen1.jpg      gaisen2.jpg

ここ新庄は江戸時代の旧出雲街道で栄えた宿場町です。

本陣、脇本陣の歴史的な建物があります。

凱旋桜の由来は、明治39年、日露戦争の凱旋、勝利を祝して

137本の桜が植えられ、凱旋桜と懐けられました。


gaisen4.jpg      gaisen6.jpg


gaisen3.jpg      gaisen5.jpg


年数がたち古くなった桜は樹木医の手で

朽になった樹脂をうめて保護されています。

保存は大変なことらしく、あちこちで募金箱が設置されていました。


gaisen7.jpg

ここの桜は岡山で最後に咲く桜です。



posted by 向日葵ひま at 12:15| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

岡山後楽園&岡山城

10月11日
秋の岡山桃太郎祭りが開催されている岡山城へ。

後楽園周辺の旭川河川の駐車場は車の列です。

やっとのおもいで駐車へ入る事ができました。

折角きたので後楽園へ入園。 何年ぶりかしら?

岡山後楽園

日本三大名園のひとつ、後楽園

岡山藩主、池田綱政公が家臣の津田永忠に命じ着工。

藩主の静養の場、賓客接待の場として使われ、

日を定めて、藩内の人々にも観覧が許されていたそうです。

300年の歴史が息ずく公園内は、延養亭、能舞台としての亭舎、

園内各所の茶室、広い芝生、築山など園路や水路で結ばれ、

散策できます。

kourakuen4.jpg      kourakuen3.jpg


kourakuen2.jpg      kourakuen1.jpg

公園内を通りすぎ、月見橋を渡ると岡山城です。

明治になり、取壊され残った天守閣も昭和20年の岡山空襲で焼け、

現在の天守閣は41年に復元されたものです。

okayamasiro2.jpg      okayama siro1.jpg

広場では屋台がで、野外舞台の上ではよさこい踊り? が

行われていました。


posted by 向日葵ひま at 20:56| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

吉備津神社

妹夫婦が、道元禅師を描く歴史ロマン ”禅、ZEN”の

映画見に行くと言うので一緒させてもらい、

はるばる岡山の「シネマ、クルール丸の内」まで出かけました。

ところが、駐車場の空きなく時間がかかってしまいました。、

上映時間を少々過ぎていった所、定員オーバーで入場出来ず。

スゴスゴ帰宅。

途中、吉備津神社に参拝して帰る事となりました。


吉備津彦命を祀る、吉備津神社は室町時代の建築で、

本殿、拝殿とも入母屋を2つ並べた比翼入母屋造で

日本でただ1つの建物です。

50mもある急な石段を登ります。

kibitu1

吉備津神社は、昨年の秋、本殿、拝殿の修理が終わり

きれいになったばかりです。

上に着くと本殿、拝殿があります。

kibitu2    kibitu6    

少し上のほうに行くと学問の神様を祀っている一童社があり、

受験生たちの絵馬がたくさんありました。

回廊を下がると、吉備津彦命にうたれた温羅の首をうめた、

御釜殿があります、

釜のなる音で吉凶を占う、神秘的な「鳴釜神事」が行われています。

kibitu4.jpg    kibitu5

kibitu3



釜がさわやかに鳴ると良い知らせ、鳴らなかったら

不吉な知らせとされています。
posted by 向日葵ひま at 15:43| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

井山宝福寺の紅葉

雪舟で有名な井山宝福寺は臨済宗東福寺派のお寺です。

雪舟が少年時代修行したお寺で、絵に心を奪われた雪舟を懲らしめるために住職は柱に縛り付けた。

悲しんだ彼は自分の涙で足を使ってねずみの絵お描いた

と言われています。

秋は紅葉がきれいな所です。

静寂でシーンとした空気、、、、、、鮮やかに紅葉した木々は

美しい景色となっています。

iyama1    iyama7

 柱に縛られている雪舟          山門からの仏殿


iyama4    iyama8

              方丈

iyama6    iyama2
   三重塔 
  (国指定重要文化財)   




    




posted by 向日葵ひま at 23:08| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

あじさい寺 ”長法寺”

津山方面へ(3)

時間があり、あじさい寺で知られている長法寺へ。

遠くからの観光客でいっぱいでした。


長法寺3   長法寺は津山の南、  
  
   神南備山のふもとにあり、

   津山城取り壊しの時、
 
   アジサイを描いた腰高障子が

   送られ、


長法寺1   それをきっかけにアジサイが 

   植えられ始められ、今日のように

   3.500本余りの、見事な

   アジサイが咲き、多くの人々の目を

   楽しませてくれています。



境内の中に、平家物語で有名な、沙羅そうじゅの花(夏つばき)

が沢山の花をつけていました。

長法寺4

沢山の花をつけていると、可憐さがなくなるよう?
posted by 向日葵ひま at 13:55| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

衆楽園

津山方面へ(2)

衆楽園


聚楽園1


聚楽園2   4つの島を配した

   池泉回遊式大名庭園

   


聚楽園3    池を隔てた茶室、

   侘びの世界として池まで、

   落ち着いた雰囲気。


聚楽園4   池は白の蓮の花でいっぱい

   で、コイ・カモ・カメ・あめんぼうなどが
 
   泳いでいた。


山口誓子の

  「糸桜 水にも池にも 枝を垂れ」

          句碑がありました。

       
posted by 向日葵ひま at 23:13| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横野滝

1日中雨の予報にも懲りずお出かけ?

津山方面へ(1)

津山の市内から北16キロ、、、、横野滝

対向車が来たらどうしようもないような山に中を走り、

やっと、案内の看板が見えた。

1台の車の姿も見ず、私たちばかりかとと??

思いきや?駐車場はいっぱい!

着いた所は二の滝。

そばの紅葉亭では夏の風物”そうめん流し”

早速

そうめん流しの昼食。   1人=400円

おむすび3個=400円(1つのおむすびお茶碗2杯分ほど)

デッカイ、、、おむすび、、、でも美味しかった。

横野滝2  一の滝、二の滝、三の滝とあり

  二の滝では龍王神が祀られている

  社祀があり、

  樹齢400年の紅葉の木があります。




雨が降っているため、少し肌寒く感じられました。

夏の避暑地としては最高でしょう。

吉井川の源流になるとか?

横野滝1






posted by 向日葵ひま at 22:25| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

愛媛旅行 松山城

  松山や

     秋より高き

          天守閣
              
              子規


松山城は加藤嘉明により築城をはじめられたもので

松山山頂には、本丸、中腹に二ノ丸、山麓に三ノ丸と

広大な規模のお城である。
 
江戸時代に建築再建された天守や城門、櫓など

21棟が重要文化財指定されている。

松江城1  大天守と小天守

  連立式天守で現存する12城のうち、

  一番新しい建築


松江城2

松江城3

見るものすべて感激するものばかり。

ゆっくり時間をかけて見学したいものです。

慌しくハードな旅で疲れました。

年齢のせいかしら??
posted by 向日葵ひま at 21:01| Comment(2) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛旅行 石鎚山

久万高原町を通り石鎚スカイラインに入る前、

面河川の面河峡(おもごけい)に立ち寄る。

さまざまな岩の渓谷美をながめました。

川のせせらぎが、快い気分にさせてくれます。

石鎚山1   四国最大の渓谷で

  近くに国民宿舎があります。  
  
  ここから石鎚山の登山口にも

  なっている。



面河渓から石鎚スカイライン〜 。

西日本最高峰の石鎚山、 標高1.982m。

信仰の山として知られ、日本百景の一つ。

石鎚山3  原生林の山々と

  石鎚山のテング岳の眺めながらの

  18キロ30分余りのドライブでした。

  頂上には神社があり、ここを拠点に
  
  登山する人もいます。


石鎚山2
posted by 向日葵ひま at 20:30| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

愛媛旅行 岩屋寺

四国八十八ヶ所のひとつ
四十五番札所 岩屋寺に参拝

i岩屋寺1

急な山道を登って行くと、山門があり、

さらに上がっていく途中沢山のお遍路さんとすれ違いました。

また道の両脇には途中行き倒れになった

お遍路さんの墓が沢山あります。

岩屋寺 2

岩屋寺3

本堂は巨大な岩石に沿うように建てられています、

巨大な岩石は奇岩そのもの?

しんどいと言うかきついと言うか

八十八ヶ所めぐりなんか出来ないな?

   、、、、と思っていたらここが一番の難所だそうです。

少し安堵しました。
posted by 向日葵ひま at 20:20| Comment(2) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

愛媛旅行 道後

夜の宿は松山駅前

夕食後、タクシーで道後温泉本館

明治27年に建てられた木造三層楼の本館は平成6年

国の重要文化財に指定され

1階は銭湯気分で気軽に楽しまれす温泉。


2階は温泉客の休憩所として楽しまれる。

神の湯に浸かりたい人のなが〜い列ができごった返していました。

商店街も温泉客で一杯です。

道後2

道後温泉駅前の坊っちゃんカラクリ時計が9時告げるべき、

時計がせり上がり、小説坊っちゃんの登場人物が現れました。

道後1


付近は

沢山の観光客、人力車が往来し浪漫あふれていました。

帰りは電車に乗ってホテルまで。運賃150円

これも情緒あるものでした。
posted by 向日葵ひま at 17:39| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛旅行 別子銅山

先に出発している友人夫婦と多度津の駅で落合う約束

新居浜

そのため私たちは、児島駅前に車を駐車。

マリンライナーで多度津まで、、、、、
(瀬戸大橋は通行料金が高いので)

普段は車での通行の為景色は殆ど見ませんが、

電車からの眺めは美しく格別でした。

たまには電車の旅もいいものです。

別子銅山へ

別子銅山1  マイントピア別子
 
  はでば駅から鉱山鉄道に
 
  5分乗ってうちよけ駅
 
 


別子銅山 2  駅の前には当時の鉱山機械の展示

  坑道内は20分ほどの見学です。

  近くでは砂金採りの体験をできます。<

目的の佐田岬へ行く予定がユーターンラッシュで急遽中止。

残念のひとこともうやだ〜(悲しい顔)  ふらふら
posted by 向日葵ひま at 16:07| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

高松最上稲荷

孫たちを実家から帰って来たので、

午後から近くの高松稲荷へ初詣にでかけました。

まともな道を行くと3〜4時間かかりますが、

何時もの抜け道を行き30分ほどで到着しました。

天気もよく、多数の参拝者でごったがえしていました。

稲荷はすっかりきれいに整備されていました。

古いお札を返し、交通安全のお札を頂きました。

帰りは、参道を通って帰るようになっていて、

沢山のお店が活気に満ちていました。

何時もの行き付けのお店に行き、

吉兆、柚子せんべいを買ってかえりました。

沢山の屋台、孫たちには、あれもこれもと目に付く物ばかりです。

色々な物を買わされました。
posted by 向日葵ひま at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

豪渓へ紅葉狩り

午後から紅葉の名称”豪渓”へ行きました。

豪渓への道は名所3キロ手前から車の渋滞でした。

多くの観光客の人々で、遠くは愛媛県の観光バスもきていました。

いつも真っ赤に紅葉するモミジも枯れたようになり,
いまひとつでしたが、、、、それでも綺麗でした。

紅葉1


紅葉のトンネルの中、積もった落葉の上を歩く、、、、
     
    ロマンチックなこと!!

天柱山、剣峰、雲悌峰となずけられた数々の奇岩、紅葉、清流と
   自然が調和して素敵な景色です。

紅葉2

途中見返橋まででその先は通行止めなっています。
タグ:紅葉 モミジ
posted by 向日葵ひま at 19:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

安芸の宮島

法人会の方で、"カルビーの会社見学、安芸の宮島”へ出かけました。

日本三景の一つ安芸の宮島

世界文化遺産に登録されている厳島神社


宮島B宮島A



  海に聳える朱塗りの大鳥居
  
  本殿(国宝)
   
  平舞台(国宝)
  
  神殿の前の高舞台(国宝)
  
  能舞台(重要文化財))
  
  反橋(重要文化財)

  275mの回廊


宮島D宮島 C

引潮の時だったため海の中の厳島神社見ることは
出来ませんでしたが、

海、背後の山、朱塗本殿、回廊、などの建物とのコントラスト

どれひとつ見ても、見応えのある物ばかりです。

昨年訪れた時はすばらしい紅葉でしたが
今年の紅葉は今一でした。
posted by 向日葵ひま at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

三段峡

この秋一番の寒い一日でした。

友人夫婦と広島県太田町にある三段峡に行きました。

三段峡は国の特別景勝地に指定されています。

かって可部線の終着駅であったが、今は廃駅になっている
三段峡駅の駐車場へ車をいれ、
マイクロバスで30分ほど細い山道を揺られ水梨駐車場まで行きまし
た。

三段峡 A三段峡案内図
其処から、二段滝(20分)猿渡と三段滝(30分)と二方向に分かれています。
先に三段滝へ向かって、急な坂道を歩く事30分余り

1,2,3,段となって流れ落ちる三段滝は雄大その物です。
大勢の人々が思い思いにシャターを切っていました。
流れ落ちる滝と周りの紅葉がなんとも言われない景色でした。

三段峡 三段滝三段川原

迫力満点でした!!

途中から山越して二段滝の方へ。

二段滝は猿飛の道の下を渡し舟に乗って
狭い岩と岩の間を潜り抜けていきます。

風が冷たく寒くてたまりませでした。
二段滝と言っても。今は63年の水害で
一段滝になっています。

三段峡 2段滝三段峡 船

紅葉はピーク、見ごろですばらしかったです。

2時間の山歩きは疲れました。、
posted by 向日葵ひま at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キーワード出現頻度解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。