2012年10月29日

アッケシソウを訪ねて浅口市寄島干拓地へ

10月28日
アッケシソウを見に寄島干拓地に。

数日前に、新聞で寄島の干拓地のアッケシソウの記事が紹介されていました。
一昨年前行った時は11月で遅く、枯れて見る影もありませんでした。

もう一度見たく、午後から心配した雨も上がり、
従姉妹とアッケシソを見に出掛けました。

アッケシソウ祭りは25日まででしたが、今日も大勢の人が訪れていました。

026.jpg      015.jpg

中には、色あせた部分もありましたが、一面、珊瑚色(真紅)のアッケシソウが
まるで紅いじゅうたんのようです。

周りは柵ができ中に入れなくなっていましたが、
悪いと思いながら柵内に入り、写真を撮らせてもらいました。

アッケシソウの向こうの水面にはカモの群れが、
一列にして気持ちよさそうに泳いでます。
のどかで微笑ましい光景です。

019.jpg      017.jpg

022.jpg      025.jpg

アッケシソウは「厚岸草」と書き北海道に自生している場所の地名から命名。

北海道、四国とここ寄島の干拓地に自生しているだけで、
天然記念物として保護されています。

海水の出入りする砂地に生え、高さ10~40cmの一年草の植物です。
夏はグリーン色で秋になると真紅になり、
別名さんご草ともいわれます。

カルシューム、ミネラルがいっぱい含まれていて、
海外では、緑の時はサラダにしたり、
お隣の韓国では、漢方薬として売られてるとか。

堤防の上を歩いている、塩の香りが漂い〜〜
ホッ!とした気分になります。
沖合いには三ツ山が見えます。
千潮になると陸続きになり、潮干狩りができるそうです。

028.jpg

三郎島は今は、干拓によって陸続きになりましたが、
その前は大潮の時以外は船で行き来していました。
南海岸は砂浜が続き海水浴や釣り場として利用されています。

数時間のドライブでしたか、ホッ!とした楽しい一時でした。

posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 植物と花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
キーワード出現頻度解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。