2011年01月18日

国立文楽劇場へ文楽 人形浄瑠璃 

1月16日

文楽 人形浄瑠璃初春公演
  1/3~23日

連日の寒い日が続きます。

早朝から義姉と大阪 国立文楽劇場に文楽を見に行きました。

各地の大雪の為、新幹線がおくれ、
どうにか新大阪まで行くことができました。

新大阪から地下鉄でなんばまで、田舎者とっては一苦労です。

大阪日本橋にある国立文楽劇場

中に入ると正面に黒門市場から、大きな(にらみ鯛)が届けられ、
飾られていました。

初春公演とあって、着物姿の方も多く華やいでいました。

会場に入ると、正面舞台上には大きな「にらみ鯛」と干支の「卯」文字を
書いた大凧がかざされています。

催しものは

鶊山姫捨松(ひばりやまひめすてまつ)

傾城恋飛脚(けいせいこいひきゃく)

小鍛治(こかじ)

人形一体につき3人がかり、浄瑠璃語り、三味線引きと、、、、

3時間30分ほどの時間でした。

淡路島で人形浄瑠璃は見たことがありますが、
初めてのことです。

日本の伝統芸術の一つ、、、、、

文楽が身近に感じられました。

帰りの新幹線も遅れながら、やっと帰る事ができました。
posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(1) | 絵画・美術・お芝居等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行ってきたのですね。
チケットが無駄にならずに済み、ヨカッタヨカッタ。
Posted by yaya at 2011年01月19日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
キーワード出現頻度解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。