2012年11月24日

十和田湖から中尊寺

11月18日
早朝から出発し青森県十和田湖へ。
十和田湖はみぞれ混じりの雨で気温-2度で、
霧がかかり、視界が悪く冬さながらです。

先に奥入瀬渓流に。
奥入瀬渓流は十和田湖から流れているただ1つの渓流で
十和田湖半 子ケ口(ねのくち)から焼山までの14kmをいい、
十和田八幡平国立公園の特別名勝及び天然記念物に指定されています。

石ケ戸でバスを降り散策。
紅葉はとっくに終わり落ち葉の中、それでも渓流はきれいです。
上高地を思い出します。

046.jpg     050.jpg

十和田湖半の乙女の像へ
この像は高村光太郎の向き合う2人の女性像は
智恵子夫人をイメージしているとか。

057.jpg     062.jpg

065.jpg

お天気がよければ、ここ湖畔はとてもきれいな所でしょうが、
吹雪で視界が悪く、まるで海のような波で大荒です。
昼食を食べ、バスに乗り平泉の中尊寺へ。

中尊寺
天台宗東北大本山で世界遺産に登録されています。
かねてより、一度訪ねたいと思っていた所です。

金色堂 
中尊寺金色堂は天治元年(1124年)に建てられた奥州藤原文化の少ない建物。
初代藤原清衡により建立され。
一辺が3間の宝形造、木瓦葺の小堂で、柱、壁、床、天井、扉など
総漆塗りの上に布を張りさらにその上に金箔が貼ってあります。
内部には中央に初代清衡公、左に二代基衡公、
右に三代秀衡公の御遺体が安置されています。

内陣内部には中央に御本尊である阿弥陀如来を安置し、
観音菩薩、勢至菩薩、地蔵菩薩、持国天、増長天などの仏像が並び
当時の文化を感じる事が出来ます。
金色堂は国宝に指定されています。

073.jpg    077.jpg

083.jpg    084.jpg

085.jpg    094.jpg

紅葉真っ盛りでなんと最高の美しさです。
1時間の滞在で満足に拝観することができず、
時間があればゆっくりと見て歩きたい所ですが?
2日目のホテルは蔵王四季ホテルで、美味しい夕食を食べ、
旅の疲れをとりました。

1日の走行距離:500km


posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本三景松島へ

11月17日
まるごと東北3日間ー阪急交通

義兄夫婦と東北へ出かけました。
時期的には遅かったですが、共に初めての東北でした。
東京まで飛行機〜それから長いバスの旅でした。

一路、東北自動車道を北上〜〜〜〜〜日本三景松島へ3時すぎ到着

あいにくの雨の中、遊覧船で島巡り

019.jpg    023.jpg

大小200以上の島々があるそうで、海に浮かぶ大小の島々が、
色々な角度から自然の美しさ、異なる景色を引き出してくれます。
時間的に瑞巌寺、五大堂、観瀾亭などは前を歩いただけで、
中には入れませんでした

「瑞巌寺」
慈覚太師同仁によって開山された禅寺で本堂と庫裏は国宝、
御成門、太鼓塀、中門は国重要文化財、
総門は宮城県指定重要文化財にそれぞれ指定されています。
伊達政宗菩提寺でもあります。

「五大堂」
坂上田村麻呂が創建
慈覚太師が五大明王を安置した事から五大堂と呼ばれています。
日本三景松島のシンボル的存在ーー国の重要文化財

「観瀾亭」
伏見桃山城内の1棟で、政宗が秀吉から拝領し江戸に移築、、
さらに忠宗がこの地に移築したものーー県重要文化財

035.jpg    037.jpg

お店も普段どうり開いていましたし、
震災の爪痕はあまり感じませんでした。
只、地盤沈下のため、駐車場が海水でいっぱいでした。

こちらは日の暮れるのが早く、4時過ぎには薄暗くなりました。

昼間、天気の良い日に訪れると最高でしょう!!

5時前に出発で宿泊地の安比高原温泉まで3時間程バスに揺られ。
ホテルにつく。

1日の走行距離612KM




タグ:日本三景
posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キーワード出現頻度解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。