2010年04月19日

メルヘンの里新庄 凱旋桜

メルヘンの里新庄・・・ 凱旋桜
娘家族とでかけました。

一度訪れてみたかった所です。

凱旋桜祭りが開催され、焼き、焼きそば、フライドポテト、

ソフトクリーム屋台が立ち並び多くの観光客でいっぱいでした

この時期、のどかな田舎も、1年に一度沢山の観光客で大変です。

駐車場に入るのに1時間以上待ちました。

gaisen1.jpg      gaisen2.jpg

ここ新庄は江戸時代の旧出雲街道で栄えた宿場町です。

本陣、脇本陣の歴史的な建物があります。

凱旋桜の由来は、明治39年、日露戦争の凱旋、勝利を祝して

137本の桜が植えられ、凱旋桜と懐けられました。


gaisen4.jpg      gaisen6.jpg


gaisen3.jpg      gaisen5.jpg


年数がたち古くなった桜は樹木医の手で

朽になった樹脂をうめて保護されています。

保存は大変なことらしく、あちこちで募金箱が設置されていました。


gaisen7.jpg

ここの桜は岡山で最後に咲く桜です。



posted by 向日葵ひま at 12:15| Comment(0) | 名所旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

山野草展

寒暖の激しいしく、気温の変化に体がついていけないような毎日です。

しかし野外はすっかり春模様です。


tanpopo1.jpg      koinobori1.jpg


タンポポ、レンゲと春の花が        最近すっかり見られなく
一面に咲いています。           なった鯉のぼり。
                     



文化センターのギャラリーで山野草展が開かれていたので、
ちょこっと見に行きました。

市内の愛好家による山野草が多数展示されています。

一つ一つ、丹精込めて育てられた野草達です。

sanyasouten1.jpg      yasouten2.jpg


yasouten3.jpg      yasouten4.jpg


yasouten5.jpg      yasouten6.jpg


yasouten7.jpg      yasouten8.jpg

posted by 向日葵ひま at 20:00| Comment(0) | 植物と花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

満開の醍醐桜

真庭市にある凱旋桜を訪ねる積りでしたが、生憎の雨で中止。

午後から雨もやみ辺りが明るくなったので、

先日隣の知人が醍醐桜を見に行ったと話していたのを思い出し、

急に行きたくなり、主人をさそったが行かないと、、、、、

私一人出かけようとすると「連れていってやる」としぶしぶ運転手として同行。

一人では心配だったのでしょう。

家を出たのが2時前。

高梁〜津川〜北房インターを過ぎ〜真庭から途中から

山の中を走り1時間20分余りでつきました。。

訪れること3回目。

満開の時期には混雑し2〜3時間の渋滞が発生し、その中に入るとユーターンもできず大変ですが、

今日はあいにくの雨で行く車も疎らで、スムーズに駐車場までたどり着くことができました。

雨でしたが、思ったより沢山の人々でした。

醍醐桜は日本名木百選に選ばれていて、

昭和42年に岡山県天然記念物の指定にされています。

平成4月、大河ドラマ「武蔵」のロケ地になったところです。

後醍醐天皇が隠岐の島に流される時、立ち寄られ見事だと絶唱された桜で、醍醐桜とよばれるようになたとか。

醍醐桜はのどかな山里の村を見降ろす小高い丘の上に、そびえ立っています。

付近は多数のお墓があります。

godaizakura2.jpg     
   幹の周囲   7.1m  
   根元の周囲  9.2m
   樹高     18m   
   東西南北   20m
   樹齢700〜1000年     



0godaizakura6.jpg      godaizakura4.jpg

醍醐桜の記念碑

godaizakura3.jpg      godaizakuka1.jpg

  1000年も風雪雨に耐えてきた大樹、

godaizakura5.jpg
     2代目の醍醐桜も
     大きくなっています。

     この桜の花はやさしい
     花弁ですが、



     しっかり根を張り力強さを感じました。
posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 植物と花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

新1年生

わが家の孫たちも卒園、卒業!!

新1年生ののスタートです。

tyurippu.jpg      siisen.jpg

上の孫は中学生

詰襟の学生服にかけ鞄。

ちょっと大人びて見えます。

春休み中、中学校に入ると、部活、勉強に忙しく遊ぶのは今だけだと言って遊びに夢中でした。

学校がはじまっても、今までのように遊びに夢中??

何時になったら中学生としての自覚できるのか、、、、、、


下の孫は小学校1年生。

ちょっぴり大きな学生服にランドセル。

ピカピカの1年生です。

春休み中、お兄ちゃんと遊びに行ったりして少し逞しくなったか??

一面まだまだ甘えん坊で、一人で学校に行くのか、、、、、心配です。

3月ごろから、精神的に不安態になっているのか、どもっています。

前にもなった事がありますが、気にしないようにしていたら、

自然に治りましたが、今回は少し長く、ひどい状態です。

精神的な物でしょうけど、このためにからかわれたり、

苛めに合わなければと取り越し苦労をしています。

月曜日から本格的に学校がはじまります。

元気に登校してほしいです。

両親が揃っているので、じじ、ばばが心配することではありませんが??
posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

金刀比羅宮 百花若中繚乱

4月4日

金刀比羅宮 百花若中繚乱(ひゃつかじゃくちゅうりょうらん)
 
若中「花丸図」修復記念特別展

  2010/3/19〜6/13

テレビで放映され、一度訪れたいと思っていた特別展。

仕事の方も一段落、やっと訪れることができました。

ただ問題がありました。

金刀比羅宮の奥書院に行くには、麓から500段の石段を登らなくては??

到底無理な事!!

色々、インターネットで探していたら??

500段ぐらいの所に「カフェ・レストラン神椿」がありました。

予約しておれば、食事ができ車も駐車できるので、そちらを尋ねていきました。

そこから奥書院まで3分ほど。

樂ちんでした。

下からは沢山の人々が、しんどそうに上がってきていました。

konpira5.jpg      konpira1.jpg

                          第1会場  奥書院

書院の東北西の三方の襖に書かれている円山応挙の虎八匹。

山水の間の水飲みの虎〜庭への関連〜〜

八方睨みの虎の少しユーモアがあるような?

奥書院の伊藤若中の花丸図。

自然の花や葉を写実的に模写されています。

奥書院の南の白書院では画家田淵恭治さんにより、

襖、長押に金刀比山に自生しているヤブ椿をモチーフに

パステルに大胆に書かれた椿の絵、、、、製作中です。

konpira2.jpg      konpira3.jpg

書院の庭                   高橋由一館


第2会場1階 若中の伏見人形、燕5羽、掛軸6点

    3階 高橋由一


宝物館は36歌仙が開催されていました。

讃岐高松藩主 松平頼重公から奉納された作品です。




konpira4.jpg      konpira6.jpg

宝物館                    御本宮の展望台から讃岐平野

桜の花も丁度満開で花見もできました。
posted by 向日葵ひま at 00:00| Comment(0) | 絵画・美術・お芝居等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キーワード出現頻度解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。